作成する前におさえておきたい!ホームページで集客するための
ポイント

2016年11月16日Z LOG, ホームページ作成

インターネット利用者や利用時間が増えてきている現在、どのようなホームページであればより多く集客できるでしょうか。
今回は「歯科医院」「ネットショッピング」「飲食店」のホームページを作成する際のポイントをまとめました。

 

[歯科医院編]

◯スマートフォンでの閲覧を第一に
予防歯科の場合を除いて、歯医者に来る人は緊急性の高い人が多いです。ですので、パソコンからよりもスマートフォンから閲覧されることが多いといえます。
そのため、スマートフォンで見た時に内容が分かりやすい、またすぐに電話しやすいといった工夫が必要です。

◯メインターゲットによってアピールポイントを変える
インプラントを行いたいと思っている患者さんと、家の近くの小児歯科を探している患者さんが求めている医院は違います。
このことからも、自分の医院が売りたいサービスは何かを決めて打ち出す必要があります。

◯メインターゲットによってサイトのテーマも変える
先ほどと重複する部分もありますが、安心感を覚えるサイトのテイストは狙うターゲット層によって変わってきます。
そのことも踏まえてサイトの色合いや、使用する素材を写真にするのかイラストにするのかなど、全体の雰囲気も狙うターゲット層によって変えていく必要があります。

 

 

[ネットショッピング編]

◯電話番号や問い合わせ窓口をわかりやすく掲載する
先ほど述べたとおり、スマートフォンで検索をする人数がどんどん増えています。特に若い人や高齢者向けの商材の場合、パソコンを持っていない人も多くいます。
そのような人たちがサイトで分からないことがあった際にすぐ質問ができるよう、電話番号や問い合わせ窓口はわかり易い場所に設置しておきましょう。

◯商品画像をRetina対応に
最近のスマホやパソコンはRetinaディスプレイに代表される高解像度、高画素密度のディスプレイが採用されています。この画面を通して画素数の低い商品画像を見ると、画像が荒くて購買意欲をそがれてしまいます。
ネットショッピングのサイトの場合、商品画像は命ですのでしっかりとRetinaディスプレイ対応を行うようにしましょう。

◯CRMを意識した構造に
一度商品を購入した顧客に再度購入を促すのと、新規の顧客を獲得するのとでは新規の顧客を獲得する方が困難です。。
そのため効率的に売上を伸ばすには、既存の顧客に向けてメルマガやFacebookページなど、こちらから情報を発信し「新製品やキャンペーン情報を伝達できる」サイトの作りにすることが重要になります。

 

 

[飲食店編]

◯Googleマップに電話番号と正しい情報を掲載する
スマホで飲食店を検索した際にGoogleマップが上位に表示されるということが多々あります。
しかし、自店舗で管理していないと正しい営業時間や電話番号、サイトへのリンクが掲載されていないという場合が見受けられます。
まず大前提として、情報が誤っていないか確認・管理するようにしましょう。

◯写真に妥協をしない
飲食店の場合、料理や飲物が美味しそうというのが一番の来店理由となります。
よって、料理・飲み物の写真は妥協せずに「シズル感」が伝わるものを使いましょう。

◯ターゲットに合わせたテイストを
お店がある地域と自分たちがどのような客層をターゲットにしたいのかによって、サイトの雰囲気を変える必要があります。
そのため、ターゲット層を強く意識して、ターゲットとサイトの雰囲気に相違が出ないようにしましょう。

 

◯まとめ
以上、集客を目的としたホームページを作成する際のポイントをまとめました。
サイト制作の前に、強みやどのターゲット層に向けてアピールするのかを決定することが重要となります。
しっかりと商品やサービスの魅力を伝えて集客していきましょう。

 

引き続きZ.com WebHostingおよびZ.comの各サービスをよろしくお願い申し上げます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ZLOGからWordPress運用に
役立つ情報をお届けします。