ホームページの作成におけるデザインコンセプトの考え方

2016年12月13日Z LOG, ホームページ作成

ホームページの作成を行うにあたり重要なコンセプト。
方向性が定まっていなければ、成果はおろかアクセスすら見込めません。
ここからは、ホームページの作成におけるデザインコンセプトにフォーカスし、そのポイントをお伝えします。

 

◯サイトのコンセプトをチェック

Webディレクターなどからもらう資料の中で、デザイナーがはじめに目を通すべきは「サイトのコンセプト」です。
ここには、ディレクター・デザイナー、その他ホームページの作成に関わる人全員が目指すべき方向性が書き込まれています。
デザインで迷ったときにはコンセプトに立ち返るべき、とも言われるように、常に意識しなくてはならない箇所と覚えておきましょう。

 

◯ターゲットの想定とユーザー欲求の解消

コンセプトが頭に入ったら、それをデザインコンセプトに落とし込みます。
この際に大切なのは「ターゲットの想定」と「ユーザー欲求の解消」です。
ホームページへアクセスする人の多くは、悩みを解決するために検索を行っています。
そのため「ここを読めばページでその悩みが解決できる」と思ってもらえなくてはなりません。
また、ターゲットの性別、年齢によっては、色調やイメージ、文字の大きさを変更するのもユーザビリティ向上に有効です。
ホームページの作成時には、必ず覚えておきましょう。

 

◯デザインコンセプト確定

もろもろの材料が揃ったら、あとは細かい仕様について決定していきます。
ページのテンプレートをひとつ作ってみるのも良いですし、細かい要素を書き出すのもひとつの手です。
特にチームでホームページの作成を進めている場合は、一人一人の表現が揺れないようにするためにも、共有のしやすい資料作りに努めてください。

 

今回のポイントを、ぜひホームページ作成に役立てましょう。

引き続きZ.com WebHostingおよびZ.comの各サービスをよろしくお願い申し上げます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ZLOGからWordPress運用に
役立つ情報をお届けします。